« 韓国軍、6日から海上射撃訓練 北朝鮮側は牽制 | トップページ | 日米韓が対北朝鮮で結束確認、中ロと協力強化 共同声明 »

2010年12月 7日 (火)

レーシックで角膜炎 業務上過失傷害容疑で元院長逮捕へ

東京都中央区の銀座眼科(閉鎖)で視力回復のためのレーシック手術を受けた多数の患者が感染性角膜炎などを発症した問題でコピー商品、警視庁は7日にも、元院長の溝口朝雄医師(49)を業務上過失傷害の疑いで逮捕する方針を固めた。捜査関係者への取材でわかった。手術に使う器具の滅菌を怠ったことなどが感染ダミエグラフィットコピー、発症を招いたと判断。患者のうち、器具に残っていたものと同じDNA型の菌が検出された5人の発症について立件対象とする。

 レーシック手術が広まる中で起きた銀座眼科の問題は、医師の刑事責任追及に至る見通しとなった。グッチ トートバッグ一番人気の商品

 中央区などによると、銀座眼科では、2008年9月~09年1月にレーシック手術を受けた患者639人のうち75人がコピーブランド 代引き感染性角膜炎などを発症した。具体的症状を把握できたのは43人で、このうち重症が23人。角膜炎が大半を占めたが、より重い網膜剥離(はくり)や角膜潰瘍(かいよう)に至った人もいた。ポシェット?ポルト モネ カルト クレディ スーパーコピー

 捜査関係者によると、溝口元院長は、手術器具を滅菌せずに手術をすれば患者が感染する可能性が高いと認識できたスーパーコピー 財布 代引きにもかかわらずこれを怠り、患者5人を角膜炎などに感染、発症させた疑いが持たれている。角膜の表面をめくるのに使うメス「マイクロケラトーム」を滅菌しないまま手術を続けていたとされるコピーブランド

 この患者5人は、発症後に治療を受けた各医療機関で、シャネル 財布 コピー角膜から検出された菌が保管されていた。警視庁捜査1課がDNA鑑定したところ、いずれも非結核性抗酸菌ケロネ菌に属する特定の菌と判明。一方、銀座眼科で使われていた器具を調べたところ、マイクロケラトームと一体で使う吸引機から菌を検出し、鑑定の結果、患者から検出された菌と同じとわかったという。ルイビトン、ヴェルニシリーズ

この問題は09年2月、千葉県内の病院から「銀座眼科で手術を受けた患者に感染性角膜炎の症状がある」と中央区保健所に連絡があり、発覚。保健所が同月、立ち入り調査をした結果、brand copy衛生管理上の不備が見つかった。

 スーパーコピー 代引き患者50人が09年7月、溝口元院長を相手取り、スーパーコピー損害賠償を求めて東京地裁に提訴。患者の告訴などを受けた警視庁は同年8月、元院長宅などを家宅捜索していた。

 ブランド コピー 銀座眼科は06年8月に開業。手術料金の安さをうたい、ホームページなどで患者を集めていた。問題発覚後に閉鎖したルイビトンコピー

« 韓国軍、6日から海上射撃訓練 北朝鮮側は牽制 | トップページ | 日米韓が対北朝鮮で結束確認、中ロと協力強化 共同声明 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1402240/37987402

この記事へのトラックバック一覧です: レーシックで角膜炎 業務上過失傷害容疑で元院長逮捕へ:

« 韓国軍、6日から海上射撃訓練 北朝鮮側は牽制 | トップページ | 日米韓が対北朝鮮で結束確認、中ロと協力強化 共同声明 »